AttentiveConnect Logo

プラットフォーム

介護、医療用IoTセンサーを統合するクラウドサービス

AttentiveConnect (アテンティブコネクト)は、マクニカがヘルスケアアプリケーション向けに開発した、バイタルセンサーや、ネットに接続できかつ介護や医療サービス向けに開発された機器を統合するクラウドサービスです。介護やヘルスケアサービスの利用者管理、アラートのしきい値を含む機器の設定、バイタルデータの表示・管理がこのクラウド上で全て行えます。また、介護施設や医療機関で使用されている管理システム、介護・医療記録システム、介護用ロボットなどとのデータ共有用のAPIを用意しています。

アテンティブコネクトは多言語対応となっており、UIは個別ユーザの母国語に切り替えることができます。現在は日本語、英語、中国語、ヘブライ語に対応しており、言語の追加サポートはそれぞれ数日で行うことができます。

 

アテンティブコネクトのサービス構成

デモ

センサー

世界最先端のテクノロジーパートナーが開発したIOTセンサーをお届けします

EarlySense社のnoomiは、高齢者の見守りのために開発された、非接触のモニタリングセンサーです。薄いセンサーをマットレスの下へ設置するだけで使用でき、就寝時にも違和感がなく、利用者に負担がかかりません。

Vayyar社が独自に開発したICをベースにしたレーダーシステムで、人の動きをリアルタイムで捕捉します。離床、移動、転倒、移動、移動経路、姿勢を瞬時に判断します。

ContinUse(コンティンユース)社のGiliは、赤外線を用いて利用者の心拍、呼吸、HRV、血圧を測定する完全非接触タイプのバイタルセンサーです。

事業について

IOTで介護・医療現場の課題を解決します

介護

高齢者のグループホーム、介護施設、在宅介護で、IoTセンサーがベッド離床時の転倒予知、生体情報をモニタリングし、サービス利用者の利便性を高め、介護現場のサービス品質を大きく向上し

医療サービス

コンパクトなウェアラブルデバイスで、血圧、血中酸素、心拍、呼吸、体温等、10項目以上のバイタルデータを24/7でモニタリングし、病院、在宅医療、慢性疾患ケアのバラダイムシフトを実現します。

株式会社マクニカは、AIやモビリティに関連する技術と並び、ヘルスケアを今後取り組むべき新規事業の大きな柱の一つと位置付け、国内外のテクノロジー企業とパートナーシップを結び、高齢化社会と、主に生活習慣に起因する疾病に関わる課題解決に取り組んでいます。1972年に創業した当社は、そのオリジンである半導体やネットワークセキュリティ製品の販売・技術サポートパートナーとして、IoT (Internet of Things)の普及に深く関わってきました。

ヘルスケア事業におきましては、メーカーの代理店という立場から一歩踏み込んで、提供する製品・サービスを統合するプラットフォームを自社開発のクラウドサービスとして構築し、介護・医療分野におけるIoT技術の普及に貢献したいと考えております。提供するバイタルセンサーは最先端の技術を持つメーカーのデバイスを採用していきますが、利用者がIT機器に不慣れでも、導入したその日から使えるサービスにすることを目指してAttentiveConnect (アテンティブコネクト)を開発しました。介護事業者や医療機関にシステムを提供されるインテグレータの皆様には、当社が取り扱うIoTセンサーとスムーズに連携できるようAPIを公開しています。

介護、医療の分野で大きな責任を担いながら困難な社会的課題に取り組まれている方々、とりわけ日々サービス利用者と直接接していらっしゃる現場の介護、医療業務従事者の負担を軽減し、ひいてはサービスの利用者のライフクオリティ向上に寄与できることを願いながら、最高品質の製品、サービスを提供してまいります。