転倒検知

Walabot HOME device

Vayyar社のWalabot(ワラボット)は、高齢者の転倒を検知する、壁に設置するタイプの見守りセンサーです。カバー範囲は5~6メートル。利用者のプライバシーに配慮して、カメラではなくレーダーで人の動きや姿勢(立っている、座っている、寝ている等)、位置を捉えます。

デバイスにはマイクとスピーカーが搭載されています。転倒検知のアラートが送られた後、対象者が応答、もしくはアラート解除をすると、介護者へも通知され、対処が必要な場合とそうでない場合を確認することができます。

現在、Vayyar社は介護施設向けWalabotの開発を進めています。

自動で転倒を捉えます

Walabot HOMEは継続して部屋をモニタリングします。

一旦設置が完了すれば、追加の作業は必要ありません。

何かを身に着ける必要はありません

普段と同じように生活をしていれば、転倒を検知できます。

何も身に着けずに済むので、ストレスがありません。

いつでも助けを呼ぶことができます

緊急事態が起こった際は、スクリーンをタッチすることで助けを呼ぶことができます。

身動きが取れない場合は、寝ころんだ体制になることで、通話を開始することができます。

他社の4倍の正確性

同様の転倒を検知するデバイスと比較して、約4倍の正確性があります。

プライバシーを保護します

Walabot HOMEはカメラで映像を撮影することはありません。

電波で人の動きを捉えるため、利用者のプライバシーを侵害しません。

設置が簡単

Walabot HOMEを壁に設置したら、wifiに接続し、緊急連絡先を設定します。

たったこれだけで、利用者の見守りが可能となります。